■ 小坪海岸 


名  称

小坪海岸(こつぼかいがん) 

場  所

神奈川県逗子市小坪

最寄り駅

横須賀線 逗子駅 徒歩20分

時 間 帯

昼間 (日没まで)

年 齢 層

20〜50才代、いろいろ

総合評価

★★★☆☆


【概 要】

小坪海岸は古くからゲイビーチとして有名で、映画「おこげ」の撮影も行われた場所だ。
夏のシーズン(5月〜9月)は日焼けをするゲイが集まる。

【アクセス】

JR横須賀線の逗子駅から歩いて20分

 

【スポット】

地図場の  マーク部分がスポットです。 

海岸は国道134号線から10m程低い位置にあり、国道から全体が見渡しができる。
道路から海岸に降りるためには道路の反対側から下に降りトンネルをくぐり海岸側に出る事ができる。
昔は、売店側(黄色いバスのホットドック屋)から階段で降りられたが、現在は通行止めにされている。

天気潮の満ち引き情報はこちらで!

1 防波堤が2段になっており、通称ひな段と言われてる。ここは映画「おこげ」の舞台となったところで有名。

昔、オイラが若い頃は大御所の方が多くオイラみたい新人はとても近寄り難いところだったけど・・・(笑)。
5年程前に隣の空き地にホットドック屋さんができてから、岩場のところにノンケも集まるようになったためここでは大胆な事はやめよう!
おすすめははNo.2、No.3のポイントだ! 

2 奥の海岸では全裸で日焼けしてる人が見受けられる。
   ここまで陸づたいに来る事は不可能で、海の中を通って来る事になる。
   引き潮の時間帯ならば水深がひざ位の深さなので楽に行くことができる。
   念のため水着に着替え、荷物をビニールの袋に入れてから移動する事をお奨めしたい。 

3 大崎公園下側の獣道で、ところどころに人が横になれるスペースがあり、ここで日焼けし
   ている人がいる。中には全裸の人も見受けられる。人目につかずやる事ができる。
   ここに来るにはトンネルから獣道を通って山を登って来なければならず、滑りやすく危険な
   のでスニーカー等動きやすい靴で行くことをお奨めしたい。
   また、車の人は大崎公園まで車で行き、展望台から降りる事もできる。

 

黄色いバスのホットドック屋さんが目印

ここは映画「おこげ」の撮影に使われた場所。
昔はここで日焼けしてる人が多かったけど今は黄色いバスのホッドドック屋ができてからノンケが多くなったためここはお奨めできない!

ホットドック屋さんから見た小坪海岸
左側の先端がNo.2のポイント

<注意>
公衆の場で露出すると、刑法「公然ワイセツ罪」で捕まることもあります。
あくまでも各自の責任で行動して下さい。
マナーを守って楽しいハッテンを!

野外系INDEXへ戻る  Topページへ戻る